ミドルコース 今月のロボット 「チクタクロック」

振り子時計マシン「チクタクロック」

 今月ミドルコースで制作しているロボットは「チクタクロック」。振り子
の揺れで規則的に針が動く時計ロボットです。
 振り子で一定のリズムを刻み、正確に時計の針を進ませるメカニズムを考
えます。そこで一定のリズムとは何か。一秒、一分、一時間という時間的間
隔はどのようなものか。時間の概念を理解し、毎回同じ間隔で動かすことの
意義とむずかしさを踏まえて、振り子の「等時性」や時計の針の進みを制御
する「脱進器」の仕組みを学びます。
 また、振り子のおもりの位置をかえて、針が進む速さの変化も観察します
が、ギアのかみ合わせ抵抗が大きく、時計をスムーズに動かすことがなかな
かできないこともあります。しかし、微調整を繰り返しおこなうことでうま
く動くようになると、カチカチと動く様子をじっと見つめる姿にメカニズム
への興味の深まりを感じます。

By |2018-06-20T16:33:30+00:002018-06-20|Categories: 校長から|