Loading...
コース2017-10-09T16:11:17+00:00

授業の流れ

授業は1回90分、基本的に月2回で1体のロボットを製作

1回目 基本製作

テキストに沿ってロボット製作。
失敗や成功を繰り返し、完成したときの喜びと感動を体験!
「観察」ではロボットの仕組みの問題を解いて、理科や算数への興味を引き出します。

2回目 応用・実践

基本製作で作ったロボットを改造。
もっと速くするには?もっと強くするには?
オリジナルロボットを作りながら、てこや摩擦の仕組みを自然に身につけます。

プライマリーコース

授業で使用するテキストには、ロボットやパーツの写真が必要に応じて原寸大で掲載されており、直感的にロボット製作が進められるようになっています。パーツ名を覚えたり、パーツ数や取り付け位置を数えたりするうちに自然と文字を読む力・数を数える力も養います。

ベーシックコース

テキストの写真を見ながらさまざまなバリエーションを持ったロボットを正確に製作し、構造や動きの仕組みを学びます。選択式や穴埋め式の設問に取り組みながら理解を深めます。失敗や成功をたくさん経験しながら自分だけのロ ボットに改造していきます。

ミドルコース

より複雑な構造でさらに面白い動きをするロボット製作に 取り組みます。テキストの写真点数が少なくなり、観察力や空間認識能力をさらに養います。設問も記述式が増え、自分の考えを論理的に説明することも求められます。目的意識を持って改造を行います。

アドバンスプログラミングコース

製作手順を示した写真ではなく、図面を見ながらロボット製作に取り組みます。本格ロボットの3要素である入力系(センサー)・制御系(マイコン)・出力系(モーター)を組み合わせることで、ミドルコースまでのロボットにはなかった、より自律的な賢いロボットを作り上げていきます。実験や観察の内容もより高度になり、グループで話し合いながら到達目標を明確にして改造を行います。

※最低12ヵ月以上ミドルコースを受講した生徒が対象/進級は原則奇数月
※写真のロボット、段差克服!「ステップチャレンジャー」は、 研友ロボットクラブの受講生の作品を元に高橋智隆先生が改造したロボットです。

ロボティクスプロフェッサーコース

「アドバンスプログラミングコース」修了生及び中学生の方で、ロボット工学+プログラミングを学びたい方向けに、「ロボティクスプロフェッサーコース」をご用意しています。

教材費と授業料

入会時

入会金

10,800

ロボットキット代

30,780


合計

41,580

※アドバンスプログラミングコース進級時、追加キット代が必要です

月額費用

授業料

9,720

テキスト代

540


合計

10,260

 

ロボティクスプロフェッサーコースはお問い合わせください
体験授業特典
体験授業お問い合わせ、お申し込みはこちら